畠山重忠邸跡

「鶴岡八幡宮の流鏑馬道の東側入り口の南端にある。
碑文によると、1199(正治元)年に源 頼朝の娘の三幡が眼病を患ったために、京都から丹波時長という名医を呼び寄せたという。
その時長もこの近辺に住んだという」






This page is powered by Blogger. Isn't yours?

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー