巽荒神


寿福寺の鎮守とされていた神社。
坂上田村麻呂が801(延暦20)年に奥津日女命、奥津日子命、火産霊命という竈(かまど)と火の神様を蝦夷討伐の際に、源氏山葛原岡に勧請したのが始まり。
1049(永承4)年に源 頼義が現在の寿福寺近くの扇ガ谷に遷している」

「社殿がスズメのように見えて可愛いと思うのは私だけ?」





This page is powered by Blogger. Isn't yours?

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー