希義公の土と石(二階堂、鎌倉)


法華堂の上、源 頼朝(鎌倉殿)の墓の横にある。
源 希義は頼朝の同母弟。父の義朝が平治の乱で敗死すると捕らえられ、土佐・長岡郡介良に配流。
後に、兄の挙兵を知って鎌倉を目指すが、平家方の蓮池家綱・平田俊遠に察知され、長岡郡の年越山で無念の最期を遂げる。このように兄弟の再会が叶わなかったことを哀れと思う現代の人々の手によって現在では兄弟肩を並べて眠っている。

ちなみに、希義は亡くなる前に平田俊遠の弟三郎経遠の娘と結ばれていて、希義の死後に隆盛が生まれたという。
希義に与していた夜須七郎が頼朝に希義の子がいることを報告し、隆盛は頼朝によって土佐郡吾川郡と三河吉良庄の一部を与えられ、吉良八郎希望を名乗っている。その子孫は吾川郡大野荘に吉良峯城を築城し戦国時代に土佐の七守護として名を馳せる土佐吉良氏となっていく。




This page is powered by Blogger. Isn't yours?

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー