大御堂橋

「鶴岡八幡宮から鎌倉と横浜・六浦をつなぐ金沢街道を少し進むと、大塔宮に行く道が別れる三叉路の『岐かれ道』が見えてくる。
そこを右折して田楽逗子の道に入ったところに滑川が流れていて、大御堂橋という橋が架かっているの」

「源 頼朝が鶴岡八幡宮の次に建てたという父の源 義朝の菩提を弔う勝長寿院、別名大御堂があったとされる大御堂ヶ谷にある橋という意味だね」







This page is powered by Blogger. Isn't yours?

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー